« 平成17年6月12日(日)阪急芦屋川→高座谷→キャッスルウオール→荒地山→黒五谷→打越峠→山の神→八幡谷→阪急岡本 | Main | 平成17年6月26日(日)王子公園→青谷道→行者堂→摩耶山→史蹟公園→上野道→五鬼城展望公園約4時間40分 »

June 19, 2005

平成17年6月19日(日)阪急芦屋川→柿谷→ごろごろ岳→飯盛尾根→奥池→熊笹峠→白山神社→白水山→船坂

阪急芦屋川(スタート9:30)→柿谷→ごろごろ岳→飯盛尾根→奥池→熊笹峠→白山神社→白水山→船坂橋→船坂

<<詳細>>
阪急芦屋川(スタート9:30)→今日は天気も良く気温の上昇が早い一日です。先ずは柿谷の入口を目指して芦屋川右(東)岸のバス道をひたすら登ります。25分経ってようやく柿谷への登り口が右手(詳細はバス道上り左カーブの部分に登り口があり、登山道は直進する感じ)に出てきます。→柿谷入口(9:55)→柿谷の上り道はごつごつした岩のある道です。p6190002
10分ほど歩くと二股道になっていますがどちらでも構いません。なお、右(東サイド)の道が見晴らしがよいということなので右の道を選択。しっかりした上り道ですが気温が高くなり大汗、大汗。途中に大岩のポイントがあり見晴らしが良く、休憩スポットあり。しばらく歩くと開けたところに鉄塔があり左(西サイド)の道と合流する地点(11:15)天気良くペットボトルで水分補給。今日は2.5リットルの冷水を持ってきたので余裕でグビグビ飲みます。p6190003
→さらにごろごろ岳を目指して登ります。→ごろごろ岳(565.3m 11:40)→西宮市と芦屋市の境界である飯盛尾根を進みます。
途中に白と薄いピンク色のユリが咲いていました。高さは30cm位で葉と茎はほっそりしています。「笹ユリ」というそうで、最初はピンク色ですがだんだん時間が経つにつれて白色になるようです。調べてみると、笹ユリは6月上旬から7月上旬まで、中部地方から西の山野、草むらに、点々とうす桃色の花を咲かせるユリでわが国特産でり、古くから詩や歌に詠まれ、また伝説や文学にもとり入れられて、日本でユリといえばこれをさすほど代表的なユリとのことです(余談)。P6190008→飯盛尾根→途中で道がよく分からなくなり、奥池北岸に出る予定でしたが南岸(ごろごろ橋付近)に出ました。→奥池→池の周りを反時計回りに進み、六甲ハウスのところで12時30分となり12時45分まで昼食。たくさんの人々が弁当を広げている場所でした。奥池北東の小さい池と大きい池の接続場所部分から熊笹方面に行きます。熊笹峠方面は傾斜もそこそこあり結構きつい上りです。辛抱して峠を目指しますが、道はその名の通り笹が多い小道です。→熊笹峠(13:30)→白山神社への最後の上り道を上がっていきます。p6190009
白山神社(14:15)→神社のすぐ下にご神体(巨岩)とさらに下に水が出ていると言うことで知り合いになった人とそのポイントに行きます。水は塩ビのパイプから出ていました。ご神水のような感じでした。P6190011
ご神体は大きな岩と祠がまつってありました。15時ころ神社をスタート→白水山方面の道を探して縦走路を最高峰に暫く歩くが、探せずバック。そして発見。では以下に白水山方面への道を紹介します。p6190012
鳥居茶屋から最高峰方向に車道を50m位行ったところに旧道(アスファルト道)が右手に分岐しており進みます。5分くらい歩くと西宮市と神戸市の境界部分を示すガードレール部分に立っている道路標識に出会します。そこに「白水山入口」というペンキで描いたものが見えますので、ガードレール部分を乗り越えて進み下ります。→白水山入口(15:25)→ガードレール部分を乗り越えて進み下ります。白水山への道は西宮市と神戸市の境界部分の尾根道ですので、消えかかったいますが赤いペンキのついた四角いコンクリート杭を目印に北へ進みます。地図でもおわかりのように大小の起伏があり白水山までは8回程度のアップダウンがありました。木立の中に白水山頂がありました→P6190013
白水山(16:00)→ここから暫く北上しますが、途中痩せた尾根を登って通過せねばならず若干ヒヤヒヤ。痩せた尾根は両サイドが崖で岩でできており松などが絡んだようになっていて慎重に上りました。p6190019
因みにここは「らくだの背」と立木に記されていました。見晴らしは良いのですが要は両側がガケなのです。でも見晴らしは良く小休止しましたが、もし地震などが来たら崖が崩れそうで大変ではないかと心配してしまいました。p6190021
そしてしばらくいくと、プレートに「船坂へ」と書かれたものを発見。でももう少し境界線沿いに行こうと思い進みました。でも進むと蓬莱峡のような崩壊箇所の上部に出たので降りれなくなり再びのヒヤヒヤ。P6190022
地図をよく見ると境界線は崩壊部分の中央を横切っておりますし、十八丁橋方面への川があり谷沿いに降りれるかもしれないと思いましたが、すでに5時4分。もう時間はタイムリミットに近づいていたのです。なお、境界線に沿っていくと十八丁橋と船坂橋バス停の中間に出ることとなり、帰りのバスをキャッチするには不都合です。このため、以前に下った経験のある船坂谷の方に北東よりに下ることにしました。さっきのプレートに「船坂へ」と書かれた地点に戻りました。北東側を見ると堰堤や道も確認でき、崩落場所が途中にありましたがそんなに危険でもないので強引に下り降り、水路が出てきたので水路に沿って下っていきました。途中から民家が現れ、「桂山荘」西側の道を通って下りましたが、この道は以前下った船坂谷の道と平行して走っている道でした。→船坂橋バス停(17:25)→船坂(17:30)

|

« 平成17年6月12日(日)阪急芦屋川→高座谷→キャッスルウオール→荒地山→黒五谷→打越峠→山の神→八幡谷→阪急岡本 | Main | 平成17年6月26日(日)王子公園→青谷道→行者堂→摩耶山→史蹟公園→上野道→五鬼城展望公園約4時間40分 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79717/4623774

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年6月19日(日)阪急芦屋川→柿谷→ごろごろ岳→飯盛尾根→奥池→熊笹峠→白山神社→白水山→船坂:

« 平成17年6月12日(日)阪急芦屋川→高座谷→キャッスルウオール→荒地山→黒五谷→打越峠→山の神→八幡谷→阪急岡本 | Main | 平成17年6月26日(日)王子公園→青谷道→行者堂→摩耶山→史蹟公園→上野道→五鬼城展望公園約4時間40分 »