« 平成17年7月18日(祝)異人館通→新神戸駅→市が原→地蔵谷出会→森林公園東門→西門→再度公園→市が原→新神戸(所要6時間40分) | Main | 平成17年8月28日(日)神鉄大池→天下辻→黒甲越東道→黒甲越→大日地蔵→金比羅山→中山地蔵→中山ノ大杣池(神戸青少年公園)→志久峠(志久道)→肘曲り→柏尾台→神鉄箕谷(所要6時間) »

August 10, 2005

平成17年8月7日(日)蛙岩→義経馬つなぎの松跡・高尾山→相談ヶ辻→藍那古道(義経道)→鷲尾氏屋敷跡→丹生会館)→義経道→丹生神社(丹生山頂)→朝日山→丹生神社(所要7時間45分)

鵯越駅(スタート9:20)→史蹟碑「鵯越」(9:29)→史蹟・蛙岩(10:00)→史蹟・義経馬つなぎの松跡・高尾山(10:20)→相談ヶ辻(11:15)→藍那小(11:35)→藍那古道(義経道)(13:20)→史蹟・鷲尾氏屋敷跡(12:45)→丹生会館(13:20)→箱木千年家(13:33)→義経道→丹生神社(丹生山頂515m)(14:33)→朝日山(513m)(15:07)→<撤退(15:45)>→丹生神社→丹生神社前(17:05)

<<詳細>>
今回は、義経が平家勢を討つために京都から鵯越(ひよどりごえ)方面に攻め入ったとされるルートを逆に歩いたコースです。鵯越駅(スタート9:20)→駅を降りて北上すると有料道路の右側に墓園事務所があり、植え込みに石碑があります。石碑には「史蹟鵯越」の文字。→史蹟の碑「鵯越」(9:29)→そこから墓園内の西側の車道を登っていきます。20分ほど歩くと左側にトイレと駐車スペースがありトイレの裏もしくは駐車スペースの途中から小径があり数分歩くと蛙岩。p8070003
風化した大きな岩で大きな数匹の蛙や多くの小蛙の形を確かにしています。→蛙岩(10:00)→さらに墓園内を歩くと東側に雨量レーダーが見える高尾山が見えてきます。山頂への登り口は高尾地蔵院の碑があり、そこから境内にはいると義経馬つなぎの松跡があります。松は切り株だけ残っています。p8070006
ここで義経は鵯越進軍の途中、休息したらしく、松に馬をつないだと伝えられている。そこから5分ほど登ると高尾山頂です。→義経馬つなぎの松跡・高尾山(10:20)→墓園北口を出てそこから車道を渡って星和台団地を抜けていきます。ゴルフ場センターを左に見て、団地を抜けてコンクリートで舗装されている細い道を歩きます。暫く行くと市民農園があります。やや谷あいに開けたような広場で小区画の畑が多くあり、中央付近に相談ヶ辻(そうだがつじ)といわれる三叉路があります。p8070010
〈故事解説〉この相談ヶ辻で、義経が三草山(みくさやま)からこの谷まで進軍したときこの辻で直進し鵯越に出るべきか、右折して白川に出て一ノ谷へ群を進めるべきか作戦会議を開いたと言い伝えられているポイント。山田町の伝承では義経は兵を二手に分け左鵯越へは義経軍、右白川道は熊谷直実が別働隊を率いて進軍と伝えられています。→相談ヶ辻(11:15)→辻を抜け暫くすると集落があり、藍那小学校の方に急坂を下って神鉄粟生線のガードを潜っていき、小学校の右手から続く藍那古道に入ります。→藍那小(11:35)→藍那古道は途中までコンクリートで舗装されている道です。十分くらい行くと右手に長坂山への道があります。途中からは舗装はなくなり浸食された溝のような道になります。→藍那古道(義経道)→約1時間くらい歩くと山を抜けて平坦な場所に出、そこは一面水田地帯となります。ここからバス停「丹生神社前」までの間に少しだけ小高くなった部分があり碑が建っています。p8070018
これは義経の鵯越案内をつとめた鷲尾三郎の屋敷跡を記したものです。→鷲尾氏屋敷跡(12:45)→バス停のある車道と志染川を渡れば丹生会館と丹生宝庫(宝物倉)があります。宝庫脇を直進する道が丹生山頂にある丹生神社への表参道ですが、今回は義経道を行きます。→丹生会館(13:20)→義経道は衡原湖の東端から続いているので、志染川沿いを少し上りうぐいす橋(丹生橋)を渡って箱木千年家(箱木氏の居宅で茅葺きの大きな家)を見物しつつ行きます。→箱木千年家(13:33)→橋を渡り10メートルくらい右に行きそこで左折し山の方に進んで行くとすぐに義経道の由来を書いた看板があります。細い藪の道をかき分けるようにして進んで行きます。p8070028
〈故事解説〉この義経道は、三草山の戦いで勝利した義経が丹生山に入り丹生神社から本道を通らずに衡原に向かう道を降りて藍那道に入ります。その後義経は藍那道をまっすぐ鵯越に降りたのか、途中から一ノ谷方面に向かったのか、またどこから分かれたのか詳しいことは分かっていませんが、この道を降りて藍那道に入る際に漁師の鷲尾三郎に道案内をさせています。その道を逆に登ります。→義経道→p8070030
途中はふつうの山道ですが少し荒れている感じで、1時間ほどで山頂の神社です。山頂付近には鳥居があり鳥居を過ぎると石段を登って本殿があります。石段でしばし休憩し遅い昼食。→丹生神社(丹生山頂515m)(14:33)→暫く休んで西北上し不動滝を過ぎて淡河町方面間で行く予定で出発。10分ほどで右手(東北方向)に帝釈山方面への道がありますが直進。もう10分くらい行ったところで、左手にシビレ山方面の標識があり立ち寄ってみることに。すぐにガケのように崩れている急激な坂が出てきました。P8070031
補助ロープがつけてあり登るのには問題ありませんが、本当に脚がシビレそうなくらいの急坂です。登ったところに小さなメモ板がありすぐのところが朝日山(513m)でそれから少し行ったところがシビレ山(465m)ですが、朝日山に登ってシビレ山に行く途中で午後3時過ぎと時間が心配になり引き返し、不動滝方面に行くことにしました。→朝日山(513m)(15:07)→暫く下ると、二股の道に出会したが標識は無い。北区発行の解説書を見るとどうも右の道を下るようなので暫く進んだがとても荒れた谷のような道でテープが確認できるが時間は4時近くなり迷うと大変との気持ち。たぶんこの道を進めば不動滝方面だろうとの思いはあるが万一間違っていたら夜を山中で過ごすことになるので元来た道を戻り丹生山から下りバス停のある丹生会館を目指すことに。(>_<)→<撤退(15:45)>→丹生神社手前左(東側)にある舗装道を下る。→丹生神社→舗装道の両脇には年代物の杉植林でありその中を歩く、40分くらい下ると山頂神社への参道があったりするがしばらくは舗装道を下り途中からは標識に従って会館前まで行く。→バス停丹生神社前(17:05)

|

« 平成17年7月18日(祝)異人館通→新神戸駅→市が原→地蔵谷出会→森林公園東門→西門→再度公園→市が原→新神戸(所要6時間40分) | Main | 平成17年8月28日(日)神鉄大池→天下辻→黒甲越東道→黒甲越→大日地蔵→金比羅山→中山地蔵→中山ノ大杣池(神戸青少年公園)→志久峠(志久道)→肘曲り→柏尾台→神鉄箕谷(所要6時間) »

Comments

こんにちわ。突然のご連絡で失礼いたします。
『歴史人』という月刊誌で、掲載したい画像がございまして、ご連絡しました。
掲載は、「相談ヶ辻」の(○で囲んでいない加工前の)画像を頂戴したいと思うのですが、可能でしょうか。
フリーアドレス akinoko0802@yahoo.co.jp にご返信いただけましたら、企画詳細を折り返し、会社アドレスからお送りさせていただきます。なるべく早めのご返信をお待ちしております。宜しくお願いします。

Posted by: Akinoko | April 23, 2012 at 05:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79717/5387548

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年8月7日(日)蛙岩→義経馬つなぎの松跡・高尾山→相談ヶ辻→藍那古道(義経道)→鷲尾氏屋敷跡→丹生会館)→義経道→丹生神社(丹生山頂)→朝日山→丹生神社(所要7時間45分):

« 平成17年7月18日(祝)異人館通→新神戸駅→市が原→地蔵谷出会→森林公園東門→西門→再度公園→市が原→新神戸(所要6時間40分) | Main | 平成17年8月28日(日)神鉄大池→天下辻→黒甲越東道→黒甲越→大日地蔵→金比羅山→中山地蔵→中山ノ大杣池(神戸青少年公園)→志久峠(志久道)→肘曲り→柏尾台→神鉄箕谷(所要6時間) »