« 平成17年9月4日(日)神鉄藍那駅→長坂山→六条八幡宮→丹生宝庫→丹生山・丹生神社→丹生神社バス停→バス→神鉄箕谷駅(所要6時間) | Main | 平成17年10月2日(日)須磨浦公園駅→鉢伏山→旗振山→鉄拐山→おらが茶屋→高倉台団地→栂尾山→横尾山→須磨アルプス→東山→妙法寺→高取山→高取神社→雛越駅(所要5時間10分) »

September 11, 2005

平成17年9月11日(日)天下辻→鰻ノ手池→花折山→志久道→肘曲り→稚子ヶ墓山→双坂池→岩谷峠→帝釈山→丹生山

神鉄大池駅(スタート9:50)→尾根道分岐(10:40)→天下辻(11:05)→鰻ノ手池(11:50)→花折山に行く分岐(12:30)→花折山山頂(573.8m)(12:40)→志久道出会い(13:05)→肘曲り(13:20)→稚子ヶ墓山山頂(596.3m)(13:47)→双坂池(14:35)→岩谷峠(14:48)→帝釈山山頂(586.1m)(15:41)→シビレ山への道出会(16:15)→→丹生山→延命地蔵さん(16:35)→丹生神社バス停(17:04)→バス発(17:23)→神鉄箕谷駅(17:50)

<<詳細>>
神鉄大池駅(スタート9:50)→北西に向かって住宅地内の道を登っていくと5分くらいで左手に大池聖天というお寺があります。ここから暫く行くと十字路になっている天下辻に着くのですが、今回は天下辻方向の角を曲がらずに鎌ヶ谷川方向に暫く舗装道路を歩きます。(昭文社の地図をよ~く目を凝らすと点線で表記があり)途中から舗装は無くなり雑草が生い茂った道で「何じゃこれは~」という感じでしたが10分くらい谷筋を歩いていました。P9110007
コンパスで方向を確認するとどうも方向が北東方向に歩いていることが判明。地図では真北に道があるようなので谷を一つ間違えたと思い引き返しました。そうしたらやはり、舗装が切れてすぐの所に川をまたぐコンクリートの橋のようなものがありそちらの方向に行ったら、ちゃんとした山道が出てきました。安心。安心。ここから30分程度で神戸市北区が作成しているマップに書かれている緑色点線のハイキングコース(南北の尾根道)に出ました。→尾根道分岐(10:40)→広い道であり確か「丹生山縦走路」の標識があり。P9110008
天下辻の近くになると車かバイクの轍が深くなっておりそこに雨水がたまって池のようになっていて歩きづらいこと。→天下辻(11:05)→天下辻から南西方向に下り鰻ノ手池を目指します。ところが途中から道路工事が行われていて縦走路が砂防工事のための資材運搬用道路になってしまっていて幅4~5メートルの道路(砂利道)に変身していました。鰻ノ手池手前の舗装道路に出ました。P9110010
作業道路にもなっている道なのでフェンスで門が作られていましたが右端から人は抜けられるようになっておりそこから脱出しました。→鰻ノ手池(11:50)鰻ノ手池を右手に見つつ舗装道を歩きます。途中、亀が道路で車にひかれていました。たぶん午前中雨が降っていたらしく池から出てきて道路を渡ろうとしていたときに事故に遭ったのではないかと思います。アスファルト道を歩いていきますが、P9110013
途中はゴルフ場(兵庫カンツリー倶楽部)を右手に見つつ緩やかに登っていきます。そうしていたら、ゴルフコースのフェンスの所に見たこともない大きな白いキノコが4個。それも笠が綺麗に開いたのからまだ途中のものまで。記念に一杯写真とりました。→花折山に行く分岐(12:30)→小さな標識があり花折山方面とのことなので行くことにしました。P9110032
およそ10分程度で山頂に到着。右方面が少し視界が開けていて海が眺めることができました。→花折山山頂(573.8m)(12:40)→北西方向に下っていきますが晴れていないせいか途中とても暗くライトでも欲しい位の暗さです。→志久道出会い(13:05)→間違って志久峠(北方向)を5分程度歩いてしまいました。P9110037
帝釈山に行きたいので南方面の肘曲りに行かないとダメなのに。肘曲りまではゴツゴツした岩の連続で歩きにくい道です→肘曲り(13:20)→ここから西方向に稚子ヶ墓山目指して登ります。途中は岩の多い道でかつ苔も生えていて滑りやすい道ですが、それを過ぎるとふつうの道で上りの急なところにはロープが張られていて登りやすくしています。(感謝)山頂付近の見晴らしの良いところに小高い石積がありその中央に「稚子墓山伝説遺跡」という標柱が立っている。なお山名は秀吉の三木城攻めの際に、P9110046
その丹生山(丹生山城・丹生山明要寺)の焼き打ちを命じ、1579年明要寺は消失してしまう。その際、数千の僧侶が殺されたが、その時殺された稚子たちをのちに村人が葬ったのが稚子ヶ墓山であるとのこと。なお、稚児らを葬って墓に供える花を手折った東の峰を花折山と呼ぶようになったといわれてます。また石積に伝説のツバキを守ろうと記されており、椿の木が植えてあります。由来をHPで調べたら、花の形を崩さず散った椿のように、倒されて逝った侍童等哀れな稚児への追悼の想いが込められているのだろうとのこと。ここから1分位で山頂の標識を発見→稚子ヶ墓山山頂(596.3m)(13:47)→P9110052
下りましたが、登ってきたのと同様に途中から岩ゴロゴロの道がありました。左手に双坂池です。ここで2時半。そろそろ午後も遅くなりつつあり、もっと先の帝釈山、丹生山を目指すか、ここで切り上げて国道428号を下って帰っていくかの検討をし、帝釈山頂まで行った後途中からショートカットして下ることでスタート。→双坂池(14:35)→池から国道沿いに峠まで行きますが交通量がとっても多い道です。これを下らずに良かったと思いました。10分くらい国道を歩いた後西側に標識を見つけて帝釈山方面に→岩谷峠(14:48)→そんなに急さかではない道をひたすら上ります。山頂は開けていて見晴らしは良く明石の海や六甲連山が眺望できます。地図を広げればそれぞれ右から鉄拐山、高取山、菊水山、鍋蓋山などが確認できると思いました。→P9110057
帝釈山山頂(586.1m)(15:41)→さあ時間も少なくなりました。急ぎ足で下っていきます。途中丹生山頂というプレートがありましたが神社のあるところが山頂と思うのです。よく分かりません。→シビレ山への道出会(16:15)→丹生山→神社の手前からコンクリートの道を下っていきます。今回でこの道を下るのは3回目で良く下る道です。苔が少し生えているのでスリップしないように気を付けながら歩きます。但し時間が気にかかります。確かバスの時刻が5時8分か20分台と記憶していたので、安全を見込んで5時8分前にはバス停に着きたいと思いつつ下山です。延命地蔵さんです。後30分です。→延命地蔵さん(16:35)→丹生宝庫に着いたと思ったら雨が降ってきました。少し濡れてきましたがバス停まであと数分であり、かつ時間もないので傘無しで歩いてバス停到着(セーフです。時刻表を見ると5時23分なので余裕でした。)→丹生神社バス停(17:04)→バス発(17:23)→神鉄箕谷駅(17:50)交通費:往路:阪神元町→神鉄大池630円、復路:市営丹生神社前→神鉄箕谷駅280円、神鉄箕谷→阪神元町520円、合計1,430円

|

« 平成17年9月4日(日)神鉄藍那駅→長坂山→六条八幡宮→丹生宝庫→丹生山・丹生神社→丹生神社バス停→バス→神鉄箕谷駅(所要6時間) | Main | 平成17年10月2日(日)須磨浦公園駅→鉢伏山→旗振山→鉄拐山→おらが茶屋→高倉台団地→栂尾山→横尾山→須磨アルプス→東山→妙法寺→高取山→高取神社→雛越駅(所要5時間10分) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79717/5897059

Listed below are links to weblogs that reference 平成17年9月11日(日)天下辻→鰻ノ手池→花折山→志久道→肘曲り→稚子ヶ墓山→双坂池→岩谷峠→帝釈山→丹生山:

« 平成17年9月4日(日)神鉄藍那駅→長坂山→六条八幡宮→丹生宝庫→丹生山・丹生神社→丹生神社バス停→バス→神鉄箕谷駅(所要6時間) | Main | 平成17年10月2日(日)須磨浦公園駅→鉢伏山→旗振山→鉄拐山→おらが茶屋→高倉台団地→栂尾山→横尾山→須磨アルプス→東山→妙法寺→高取山→高取神社→雛越駅(所要5時間10分) »