« 平成19年4月30日(土)六国峠入口→能見堂緑地→給水塔→金沢動物園入口→大丸山山頂→釜利谷(所要時間3時間50分) | Main | 平成19年5月12日(土)氷取沢バス停→氷取沢神社→円海山→いっしんどう広場→瀬上池→おおやと広場→ののはな館→釜利谷 »

May 05, 2007

平成19年5月4日(金・祝) 神武寺駅→逗子中学校→山門→神武寺→鷹取山→展望台→磨崖仏→追浜駅(所要時間3時間20分)

神武寺駅(13:22)→逗子中学校(13:33)→神武寺山門(13:52)→神武寺(13:57)→鷹取山(139m)(14:27)→鷹取山展望台(15:02)→磨崖仏(15:25)→追浜駅(16:00)

<<詳細>>
P5040001
神武寺駅(13:22)→駅を降りて、車道沿いに六浦方面に引き返すような感じで進みます。途中の信号2つめくらいで右に曲がりしばらくすると逗子中学があります。→逗子中学校(13:33)→中学を左手に見てしばらく行くと上り坂になって右手の大きな建物を見つつ行くと、山道になります。木々からの木漏れ日が差し、P5040010
しだが茂るきれいな道でよく整備されている道をどんどん上っていきます。視界が開けたところに総門があり、右は旧参道、左は鷹取山に続く道です。→神武寺山門(13:52)→山上を目指して行くと神武寺の鐘(神武寺の晩鐘)、寺があります。天台宗のお寺で、奈良時代、聖武天皇の命によりの僧行基が創建、P5040011
平安時代に慈覚大師が中興したと伝えられる。 寺域には貴重な美しい天然林が残され、特にシダ植物の宝庫といわれている。 薬師堂は文禄三年(1594)ごろの創建で、秘仏「薬師三尊像」が祀られる。 他に、鎌倉時代後期の作といわれる「不動明王像」があり、いずれも、逗子市の重要文化財に指定される。P5040014
 また、境内には樹齢400年の神奈川の名木に指定される「なんじゃもんじゃの木」がある。→神武寺(13:57)→少しくだって鷹取山を目指します。薬師堂の左手から鷹取山へ行きます。鷹取山に近くなるだけあってだんだんと岩が多くなってきます。10分程で鉄塔にあい、この後2つ鉄塔の横を通過する。P5040019
その後、鎖のロープが張ってある場所があり結構スリルが感じられる。鷹取山の山頂部分は岩が切り出されたので、直線的な崖がいくつもあり、ロッククライミングの練習場として使われている。頂上前の広場で昼食をとり小休止。→鷹取山(139m)(14:27)→頂上に有る展望台には、広場の右手横にある階段を上って行くことができ、P5040020
展望はすばらしい。磨崖仏もくっきりと見えます。→鷹取山展望台(15:02)→追浜駅を目指して下りますが、途中で磨崖仏の所を通過しますが、大きな仏様です。→磨崖仏の弥勒菩薩尊像(15:25)→昔採石場だったところを抜けて車道に出るとそこは湘南鷹取台という団地です。ここからはバス道づたいに駅に向かいます→追浜駅(16:00)P5040031P5040035P5040036P5040037P5040040P5040041P5040051

|

« 平成19年4月30日(土)六国峠入口→能見堂緑地→給水塔→金沢動物園入口→大丸山山頂→釜利谷(所要時間3時間50分) | Main | 平成19年5月12日(土)氷取沢バス停→氷取沢神社→円海山→いっしんどう広場→瀬上池→おおやと広場→ののはな館→釜利谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79717/14966003

Listed below are links to weblogs that reference 平成19年5月4日(金・祝) 神武寺駅→逗子中学校→山門→神武寺→鷹取山→展望台→磨崖仏→追浜駅(所要時間3時間20分):

« 平成19年4月30日(土)六国峠入口→能見堂緑地→給水塔→金沢動物園入口→大丸山山頂→釜利谷(所要時間3時間50分) | Main | 平成19年5月12日(土)氷取沢バス停→氷取沢神社→円海山→いっしんどう広場→瀬上池→おおやと広場→ののはな館→釜利谷 »