« 平成23年6月4-5日 八海山・吹割滝・尾瀬 | Main | 平成23年11月3日 山梨県西沢渓谷 »

October 10, 2011

平成23年10月9日 鍋割山

大倉(8:48)→杉林の道(9:08)→二俣(10:21)→山草のペットボトル置き場(10:44)→後沢乗越(11:28)→鍋割山(1272.5m)(12:50)→後沢乗越(15:13)→大倉(17:20)

Dsc03168


<<詳細>>

久々の鍋割山です。前回は4年前の11月に単独で登り鍋焼きうどんも食べましたので、今回は2人で鍋焼きうどんです。ルートは大倉から林道を1時間半くらいかけてのぼります。
Dsc03195_2
大倉(8:48)→標識に従って人家の道を進み、途中から藪みたいなところに進み、森の中に入ります。→杉林の道(9:08)→途中から林道に出ますので右折して後はひたすら緩勾配の林道を上っていきます。林道は静かで途中には登山訓練所の建物が見えます。今日は多くの登山客がいます。→二俣(10:21)→ここの標識は№0で、鍋割山まで3.6㎞、大倉まで4㎞と記載。今日は水量が豊富で河原はごうごうと音を立てています。途中4年Dsc03198_2
前、小丸尾根から降りてきた道がありました。少し懐かしい気持ちですがそのまま道なりに進みます。林道の左脇には山荘で使うペットボトルに入れた水が置いてあり、登山者が自分の体力に応じて水上げをボランティアすることになっています。今回は体力に自信がなくしませんでした。→山荘のペットボトル置き場(10:44)→ここからが
山の道らしくなり岩の多い登りです。そして、杉が植林されている斜面を蛇行しながら登ります。この杉林は手入Dsc03208_2
れが良くて空間は明るく良い感じのところです。そこを過ぎてしばらくすると急な斜面が出てきて、後沢乗越に到着です。ここからは尾根歩きになります。→後沢乗越(11:28)→後沢乗越での標識は№5で、鍋割山まで1.7㎞、大倉まで5.9㎞、二股まで1.9㎞と記載。途中は急な道が多いですが、きれいな野生のリンドウが3輪花
(青、赤紫)をつけていました。途中何度も頂上かなと思うようなミニ頂上があり、だまされ続けました。やっと山荘Dsc03213_2
が見えてきて、一目散に鍋焼きうどんを注文しました。なぜなら大集団が我々の前後にいて少しでも早めに注文した方が時間ロスが少ないと思い。前回は大集団の後に注文したのでメチャ待たされた苦い経験もありましたから。→鍋割山(1272.5m)(12:50)→注文票に名前を書いたところ、10人以上待ちの状態でした。季節も寒くなっ
てきているので丁度鍋焼きが合う時期です。頂上付近は綺麗にロープで区画されていたりしています。待つ時間Dsc03214_2
で、コンロで湯を沸かしカップ麺を1個作った時、鍋焼きうどんができあがり、おにぎりと一緒に2人で昼食です。うどんの具は、なると、かまぼこ、カボチャの天ぷら、卵、ネギ、椎茸、エノキ、油揚げでした。カボチャから結構なボリュームがあり満足。食後はコーヒーを入れて充分に休憩して下山です。今回は時間が残っていないので、金冷
やし経由大倉尾根ではなく、来た道を下山です。→後沢乗越(15:13)→林道はひたすら歩きますがイヤになるほど長いです。最後は少し薄暗くなってきて、特に森の中は完全に夜と化したような状態でした。でもゴールでした。Dsc03215_2


→大倉(17:20)

|

« 平成23年6月4-5日 八海山・吹割滝・尾瀬 | Main | 平成23年11月3日 山梨県西沢渓谷 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79717/52959937

Listed below are links to weblogs that reference 平成23年10月9日 鍋割山:

« 平成23年6月4-5日 八海山・吹割滝・尾瀬 | Main | 平成23年11月3日 山梨県西沢渓谷 »