« 平成23年10月9日 鍋割山 | Main | 平成24年4月30日(月) 【三浦アルプス】 風早橋バス停→仙元山→根張り→道観音塚→どんぐり並木→乳頭山→田浦梅林 »

November 04, 2011

平成23年11月3日 山梨県西沢渓谷

道の駅(11:40)→二股吊橋(12:01)→三重の滝(12:40)→恋糸の滝(12:44)→貞泉の滝(12:47)→七ツ釜五段の滝(13:41)→旧森林軌道(14:05)→大展望台(14:38)→ネトリ橋(15:25)→道の駅(15:45)


《詳細》
111103
西沢渓谷は山梨県北部の山梨市(旧三富村)に位置しており、滝や淵が連続して続く渓谷で道が整備され、特に秋は紅葉が見事なので人気がある。コース最奥部には、七ツ釜五段ノ滝(日本の滝百選)やシャクナゲの群落がある。コースは危険防止の為、反時計回りの一方通行が推奨されており、帰りは渓谷の右岸上方に残る森林軌Dsc03383
道の緩やかな道を辿り西沢渓谷の入口に戻る。

道の駅「みとみ」(11:40)→駐車場の木々は赤や黄色に紅葉しており今日はグッドかなと。しかし、天気予報では雨はないと確信していたのだが、駐車場に到着する当たりから少し小雨が降り始めました。雨着は準備していなDsc03399
かったので不安が募ります。少し歩くと、東沢山荘があり、ヨモギ餅が有名で買おうかなと思ったが時間が気になってパスしました。→東沢山荘(11:45)→なだらかな車道歩きで、左手は崖となっおり、かなり離れているが川が見下ろせ、滝も見ることが出来た。周りの木々は色づいている。川の水の色は、真っ青ととてもきれいであり、しDsc03401
ばらく歩いたら西沢山荘(閉鎖中)が右手にその先にトイレがある広場に到着する。そしてしばらくするとワイヤーで吊られた鉄橋に遭遇。→二股吊橋(12:01)→橋は離合は出来るが床が鉄板で雨上がりでつやつやしていて滑りやすそう。従って眼下の景色は紅葉一色なのですが注意して渡りきることに専念。渡ったところからは、いよいDsc03417
よ山道という感じになってくるが、早速逆コースを歩くというか途中で引き返すグループに遭遇。とても狭い石ころ道であり、反時計回りの歩きが優先ということになっており、そのグループはしばらく待機はしていたものの途中からは少し強引気味に歩き始めたが、でも迷惑ですね。道は狭てぬれており、岩場になったり、上ったり下りたりDsc03420
と、おまけに鎖場も出てくる。三重の滝に到着で、この滝はそんなに高低差はないが、段々に水が落ちてきて滝壺は広く青く澄み切った水をたたえた柔らかな滝です。→三重の滝(12:40)→次に、人面洞があり、川の岩壁に人の顔のような模様があるためにこのような名前がついており、顔らしい感じの模様を見つけることが出きましたDsc03422
少し行くと、今度は恋糸の滝が見え、案内標識もありました。少し遠くに見え、一条の水がさらさらと流れており清楚な感じの滝です。→恋糸の滝(12:44)→貞泉の滝(12:47)→貞泉の滝は手前によく見え推量が豊富です。この当たり前後から皆さん昼食タイムに突入している人が多かったです。私はすこし歩いて最後のごつごつした大きDsc03424
な岩がある河原に腰を下ろして、駅弁「やまのごはん」を食べました。竹篭に入っており、中身はおにぎり三つ(うめ、みそ、栗おこわ)とマスの塩焼き、つくね、キャラブキ、たくあん、タケノコ、大学芋など入っていて、渓流の音を
聞き、紅葉を愛でながらの食事タイムであり大満足でした。30分ほど休憩した後上流を目指します。途中にカエ
Dsc03425
ル岩がありました。方丈橋も出てきました。橋は付け替えられて間もない様子でとても白くきれいでした。この橋を渡ると七ツ釜五段の滝が見えてきます。→七ツ釜五段の滝(13:41)→滝の周りをくねくねと上っていく道でいたるところからこの滝を見ることが出来、最奥部に大きく、長く、水量豊富な滝が鎮座していました。とてもすばらしいでDsc03433
す。森林軌道の道に出てきた所に簡易トイレがありましたが、長蛇の列でした。→旧森林軌道(14:05)ここからは右岸にあるこの鉄道跡を下って帰ります。ところどころレールが残っています。笛吹川を左にみて下りますが、谷が深く急で、おそらく100㍍くらい下に川が流れており、その崖の紅葉がとてもきれいです。右の山側も当然に紅Dsc03456
葉です。途中に小さな谷を跨ぐ橋が架かっており三脚とカメラ持参の人でいっぱいって言う感じです。極めつけのビューポイントがありました。大展望台です。→大展望台(14:38)→今まで林の中の景色ばかりでしたが、展望台からは視界が開けて遠くの峰峰、特に鷄冠山(2115m)などが遠望でき、手前の山肌には紅葉がバッチリ、青空Dsc03462
いっぱいで、、都合が良いことにベンチが空いていて、ここで10分くらいしばし休憩。しかし時間がなくなりつつあったのでここからは早足で下山。→ネトリ橋(15:25)→道の駅(15:45)
Dsc03492


|

« 平成23年10月9日 鍋割山 | Main | 平成24年4月30日(月) 【三浦アルプス】 風早橋バス停→仙元山→根張り→道観音塚→どんぐり並木→乳頭山→田浦梅林 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79717/53158243

Listed below are links to weblogs that reference 平成23年11月3日 山梨県西沢渓谷:

« 平成23年10月9日 鍋割山 | Main | 平成24年4月30日(月) 【三浦アルプス】 風早橋バス停→仙元山→根張り→道観音塚→どんぐり並木→乳頭山→田浦梅林 »